ウルトラマンシリーズ

明日に生きるぜ!

リンクに表示されるテキスト

「友よ、君達はなぜ、悪魔に魂を売ったのか…!?」
 このような衝撃的なナレーションから始まる戦隊シリーズ随一のハード性を誇るといっても過言ではない、「超獣戦隊ライブマン」が、ついにリリース!!今回のタイトルは、主演の嶋大輔が歌ったエンディングテーマから引用。しかし「海賊戦隊ゴーカイジャー」に登場したのが、大原 丈(西村和彦)で実に良かった。2011年9月18日放送分の第30話が、まさにライブマンの雰囲気のための話だったし、それにジョーとシドの関係が絡んできたのがナイス。しかも敵の声が、中田譲二だったし!!当時の雰囲気そのままでやってくれたのが特に嬉しい。

 天宮勇介(嶋 大輔)にも出て欲しかったが、そこは難しかったのかも。残念。ちなみに全て敬称略。

 今度の第2巻では、新たな敵幹部・Dr.アシュラが登場!他の面々とは違い、元劣等生だった男がボルトの英才教育で、武闘派の超天才となり、ライブマンに襲い掛かる!!その中で、天才達の中にも不穏な空気が…。しかしこの巻、見所はDr.アシュラ以外にも、大教授ビアスを警護するガードノイド・ガッシュの戦慄が、もう一つの見所。本来はビアス警備役として存在するガッシュが、カオスファントムによる頭脳獣誕生や、ギガファントムによる巨大化以外の、その戦闘能力を発揮する!!詳しくは続きで。

続きを読む "明日に生きるぜ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウルトラの星とライダー魂

リンクに表示されるテキスト

 まさかのついに登場!!きたぞわれらのウルトラマン!!と、嵐の男・仮面ライダー!!の強力コラボ!!いつか幻となった「ウルトラマンVS仮面ライダー」が、Blu-ray&DVDで復活・登場です!!

リンクに表示されるテキスト

 そして年末恒例??ウルトラ映画の前宣伝作品が、今年も登場!!今回も主役はNEWセブン…ではなくウルトラマンゼロ。今はウルトラの星で?地球に向けてウルトラ戦士の紹介をしている彼も、彼も今回の映画で、ついに地球に降臨するらしいが、その前に現れる強敵は、なんとジャンキラー!!こうきたか!!果たして、ジャンボーグA…もといジャンボットの運命は!?そしてエメラルド星から、第2の命・ジャンボーグ9は送られるのか!?…それは昔の話です。

続きを読む "ウルトラの星とライダー魂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夢のヒーロー

 今回は偶然にも、Amazon.jp(リンクは続きで)で見つけて購入した商品をレビュー。というか、レビュー自体が久しぶりです。今回入手できたのは、タイトルでわかる人もいることでしょう。

010
 ハイパーワールドのエージェント・電光超人グリッドマン!!です。タイトルはオープニング主題歌から拝借したものです。しかしこのお方、設定では身長87mなんだよな…。コンピューターワールドでは、身長はあまり関係ないものの、実世界に干渉することもあったのだから、なんとも複雑です。
 この作品ではそのハイパーワールドから、魔王カーンデジファーを追ってやってきたグリッドマンが、手作りコンピューター・ジャンクに住み込み?魔王が実体化させた怪獣を、コンピューターワールドを守るために少年たちと共に戦うというもの。電脳時代を見越して、子供たちの創造力から生まれたヒーローが、その創造力で悪と戦うという設定が共感を呼んだか、結構人気のあったヒーローなのですけど、裏番組が「勇者特急マイトガイン」という、同スポンサー同士の対決だったのがマズかったか…。関西では「SLUM DUNK」が後半に来て、余計に苦戦させられたと思うが。しかもグリッドマンの声担当・緑川光が、前述の両番組にキャスティングされてたのも痛かったなぁ…。ちなみに、アメリカでは「サムライ・サイバー・ヒューマン・スクアッド」と名づけられ結構な人気を博したが、正直日米共に、人間サイドの設定がチープだったのは、誰か注意しなかったのか??

続きを読む "夢のヒーロー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新しいヒーローの誕生!

ウルトラヒーローシリーズEX ジャンボット Toy ウルトラヒーローシリーズEX ジャンボット

販売元:バンダイ
発売日:2010/11/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 タイトルは「ザ☆ウルトラマン(アニメ)」の第1話タイトルから拝借。同様の拝借例に、「ウルトラマンマックス誕生!」がある。

 今回は映画「ウルトラマンゼロ」関連商品をご紹介。ロボットもの好きなので、「ジャンボット」をトップに。さすがにソフビですので変形はしませんが、これもULTRA-ACTで出るとか思うと、もはやULTRAではなくTSUBURAYAにした方がいいんじゃないか?とか思うわ。操縦するのは少年・ナオですので、ぜひとも下のウルティメイトゼロ=お兄ちゃんと一緒に飾ってあげていただきたい。

Toy ULTRA-ACT ウルティメイトゼロ

販売元:バンダイ
発売日:2011/01/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "新しいヒーローの誕生!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日のエースは君だ!

ウルトラマンA(エース) コンプリート DVD BOX [DVD] DVD ウルトラマンA(エース) コンプリート DVD BOX [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今度はこれ、「ウルトラマンA(エース)」をご紹介。タイトルはそのものズバリ、最終話のタイトルです。

 この「ウルトラマンA(エース)」、今度のはいわゆる「ウルトラ1800シリーズ」と呼ばれる廉価版で、お安くお買い求めが出来ます。これまでは単巻販売が主でしたが、ここにきてBOX販売してくれます!!これで、コレクションもやりやすくなるというもの。

 この作品は、ウルトラシリーズにおけるメインライターのほとんどがいなくなってしまい、おりしも特撮では変身ヒーローブームの真っ只中、さらに新たなウルトラマン像を考え出さなければならなくなった時のこと。市川森一氏がなんとか絞り出したのが「超獣」という存在。さらにメインライターとして参加するはずだった「仮面ライダー」の要素も加え、侵略者・ヤプールを生み出したのがこの作品。さらに、北斗星児と南夕子の二人によって変身するという、「二人で一人」の要素。新たな試みを試行錯誤した作品でしたが、後半からいつもどおりの展開に。しかし最後にヤプールを引っ張り出し、統一感とメッセージ性を残して締めくくった作品でした。その締めくくりが、以下の文脈。

「やさしさを失わないでくれ。弱い者をいたわり、たがいに助けあい、どこの国の人々とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。
たとえその気持ちが何百回裏切られようと。」

続きを読む "明日のエースは君だ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゼットン…早く育て

ソフビ魂 怪獣標本1.0 ゼットン Toy ソフビ魂 怪獣標本1.0 ゼットン

販売元:バンダイ
発売日:2009/01/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今回はこちらのご紹介。「ソフビ魂」と称されて展開した、リアル造型のソフビフィギュアシリーズより、怪獣ソフビの完成度を追及した「怪獣標本」シリーズより、ゼットン。ピポポポポポ…(鳴き声みたいなもの)と効果音が出てきそうな出来栄えです!!その造型美は、顔と胸の電飾まで作りこんでいるくらいです!!顔のところには、針金らしいものまで見受けられます!!実際の怪獣標本と、ソフビシリーズのゼットンと比べると(やってみた)、それは続きでご覧ください。

 なお、この商品には、放映当時の雑誌記事(と思われる)の復刻再現記事で、機電(電飾係)の特集記事が見られます。ウルトラシリーズという作品を知る上でも、貴重な資料となることでしょう。さらにこの怪獣標本、標本と銘打ってるだけあり、外装も標本箱のような作りとなっております。そこには、ゼットンの着ぐるみ作成におけるイマジネーションや制作秘話、そして裏設定などが記されており、これも貴重な資料となります。
 特に脚本家・金城哲夫氏(故人)の小説のことが、特に貴重な資料です。なにせ絶版本ですから。それによると、謎の宇宙人(後の紹介記事ではゼットン星人)が開発した兵器であると思わせる文脈もあったという(これはエレキングに活かされたかと思われる)。今回のタイトルは、その宇宙人の発言から付けました。それがコミック「ウルトラマン THE FIRST」最終巻のゼットンにつながるのか、と目からウロコでした。

 この怪獣標本、標本と銘打たれてしまったのは、制作側の意向に背く命名かとは思いますが、理由はどうあれその流れが出来てしまったのだから、それは仕方あるまい。せめて、制作側の意識を、視聴者がくみ取るようにしよう。

ウルトラ怪獣シリーズEX EXゼットン Toy ウルトラ怪獣シリーズEX EXゼットン

販売元:バンダイ
発売日:2010/06/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ちなみに、最新のゼットンソフビはこちら。「ゴーストリバース」に登場したEXゼットンですが、初出はゲーム「ファイティングエヴォリューション ゼロ」…なのか??なお、以前もNo.EXで登場したEXゼットンですが、今回再販されたのは、同梱のデータカードダスが「大怪獣バトル RR」対応に変えられたからでしょう。ちなみにこういう再販ソフビの場合、塗装を変更するとかのマイナーチェンジはよくありますが、今回もご多分には漏れないことでしょう。

続きを読む "ゼットン…早く育て"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無限に続く、光の国へ

Toy ULTRA-ACT ウルトラマンメビウス

販売元:バンダイ
発売日:2010/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 次は映画の公開も年末に控えた新作にも登場する、「ウルトラマンメビウス」のULTRA-ACTをご紹介。メビュームブレードも再現できるとのことで、左腕のメビウスブレスの再現も期待できそうです。ボディパーツの交換とかで、メビウスブレイブとか再現出来ないだろうか。バーニングブレイブ・フェニックスブレイブも含めて、やっぱりプレミアムバンダイ限定とかか??…本気でアフィリエイト考えようかな。

Toy ULTRA-ACT ザムシャー

販売元:バンダイ
発売日:2010/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 さらに、TVシリーズで活躍した宇宙剣豪・ザムシャーのULTRA-ACTもご紹介。何故今更コヤツ!?と驚いたものです。ウルトラ怪人(宇宙人群のことですが、あえてこう表記)には珍しく、口があります(ちなみに牙も)。そのまま口なのは、歴代でもマグマ星人だけです。そのザムシャーですが、アクションフィギュアとしては初と相成ります。アクション性も高く、期待できそうです。メカザムはやっぱり…プレミアム仕様??いっそヒカリ(アーブギア装着で、ハンターナイト・ツルギ換装可で)出してくれないかな??

ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ STAGE I 衝突する宇宙 [DVD] DVD ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ STAGE I 衝突する宇宙 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なお、毎年の劇場公開に備えて、映画版の手前の物語をオリジナルビデオとして販売されますが、今年もやります。この辺は、「てれびくん」や「テレビマガジン」で、特写ストーリーで展開しているやつを、映像商品として展開させたものです。昨年の「ゴーストリバース」とか。ちなみに、「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」は、PSPのゲームで展開されました。てなわけで、今年は「ウルトラマンゼロ」でした。黒いモノアイ・ゼロと戦うお話となっております。でもメビウス出ます。すっかり案内役。五十嵐隼人(いがらし・しゅんじ)も、すっかりウルトラの顔となっております。でも、ウルトラ以外のヨゴレ役もこなしております。「ROOKIES」の湯船とか(ニャー言うやつ)。湯船はそんなヨゴレではないが、イメージ関係無しで様々な役をするのはD-BOYSの宿命か??それは置いといて、今回もZAP-SPACYの面々出るのだろうか、コニタンとかレイモンとか。

ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ STAGE II<最終巻> ゼロの決死圏 [DVD] DVD ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ STAGE II<最終巻> ゼロの決死圏 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "無限に続く、光の国へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ウルトラの星光る時

Toy ULTRA-ACT ウルトラマンゼロ

販売元:バンダイ
発売日:2010/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「ウルトラ銀河伝説」の新作が年末に公開されるらしく、主役はウルトラマンゼロで、今回はウルトラゼロアイで変身もするという。誰がやるんだろうか。まさか宮野真守??しかし、「NEW電王」みたいな、劇場用主役の位置が定着しつつあるな。家族設定まで踏襲しているし。上のULTRA-ACTでは、テクターギア・ゼロは付いてこないんだろうか。

 さらに敵は、前回やられたはずのウルトラマンベリアル!?しかもカイザーベリアル!?声は前と変わらず宮迫でっすか??

ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル Toy ULTRA-ACT ウルトラマンベリアル

販売元:バンダイ
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ULTRA-ACTでは、カイザー仕様になっていないんだろうか。すでに一部の雑誌で姿が紹介されているんだが。現時点ではほとんどわかりません。「宇宙船」でも買って、早く情報を仕入れるようにします。使役する怪獣のお供の一人として、コイツもご一緒にどうぞ。

ULTRA-ACT バルタン星人 (2代目) Toy ULTRA-ACT バルタン星人 (2代目)

販売元:バンダイ
発売日:2010/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "ウルトラの星光る時"

| | コメント (0)
|

轟く叫びを耳にして

帰ってきたウルトラマン Vol.1 [DVD] DVD 帰ってきたウルトラマン Vol.1 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 帰って来たぞウルトラマン!!と、主題歌に合わせてみました。廉価版DVD「ウルトラ1800」に、「帰ってきたウルトラマン」の登場です!!第2次怪獣ブームの牽引役として、重要な役割を果たした作品が、安価なDVDとして、コレクションもやりやすくなります。でも全13巻、発売も隔週で2本ずつ(最初は3本)となっています。場所は広くとっておきましょう。

 作品の主演は団次朗(当時、今は時朗)。以下、全ての名称を敬称略とします。初期の特長としては、家族モノらしさが強調されていると思います。それよりも、スポ根ものの側面が強いな。努力して、死の淵に立たされないと、変身もままならないウルトラマンだし。団次朗扮する郷秀樹は、怪獣攻撃隊MATに所属し、坂田モータースでテストドライバーをしています。その坂田モータースの社長が岸田森。MAT隊員には、「キカイダー01」イチローの池田駿介や、「ハリケンジャー」館長の西田健、隊長には「仮面ライダースーパー1(区別するためこっち)」谷源次郎の塚本信夫と、「電人ザボーガー」新田刑事の根上淳。そして第5巻では、ウルトラセブンが登場し、ウルトラブレスレットを使うようになります。あと、主題歌はすぎやまこういちの作曲・歌は団次朗本人。さらに挿入歌に西田敏行と三波春夫でございます。それから最近、缶コーヒー「WANDA」のBGMにかかっている「ワンダバダバ…」の原曲が、この作品にの防衛隊のBGM「MATのテーマ・1(通称・ワンダバ)」です。

続きを読む "轟く叫びを耳にして"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カードバトル激戦区

仮面ライダー サウンドライダーバトル おうちでガンバライド Toy 仮面ライダー サウンドライダーバトル おうちでガンバライド

販売元:バンダイ
発売日:2009/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 現在発売中の商品、「おうちでガンバライド」をご紹介。データカードダス対応のおもちゃの中でも、特にゲーム要素の強い商品です。付属されている16枚のカードだけで遊ぶように作られているそうです(ライダーカード15枚と、スペシャルカード1枚)。ゲームでのカードは使えないそうで、フォームチェンジもできないらしいです。さらにスペシャルカード(黄色)は、全て同じカードとして認識されるようです。なんぞそれ。
 1人か2人で遊べるガンバライドモード、さらにクイズモードと図鑑モードがあるらしいですが、そのあたりはレビューとかをご覧ください。それと、音が大きく音質が少し良くないらしいので、この商品にはボリューム調整が無いようです(ケータッチには付いていたのにね)。本体のバランスも良くないそうなので、住環境には配慮しての購入が必要となりそうです。何というか、ジャンク品という印象。
 とはいえ、実際にゲームするのは抵抗がある人や、実際のゲームで勝てない人が特訓するには十分かと。でも筐体のカードが使えないとなると、このゲーム機のカードも筐体では使えないかも知れません。前衛と後衛だけで戦えるゲームでないことは私にもわかりますが、その辺の練習が出来ないのは少々現行のバトルでは辛いと思うぞ。コンプリートバージョンでも出してくれないものだろうか。以下、本館からコピペしてきた余談ですので続きで。一部改訂していますが、あまりよろしい内容ではありませんので、興味無い方はこれ以上読まない方が賢明です。

続きを読む "カードバトル激戦区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|