戦隊ヒーロー

今ここに、五人の戦士が

リンクに表示されるテキスト

「友よ、君達は何故、悪魔に魂を売ったのか…!?」
 このような衝撃的なナレーションから始まる戦隊シリーズ随一のハード性を誇るといっても過言ではない、「超獣戦隊ライブマン」が、ついにリリース!!今回のタイトルは、この作品の大きな変化を象徴する、第30話のサブタイトルから引用。ちなみに今回の文章は相変わらず敬称略。

続きを読む "今ここに、五人の戦士が"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

娘よ、ギガ計画を討て!

リンクに表示されるテキスト

「友よ、君達はなぜ、悪魔に魂を売ったのか…!?」
 このような衝撃的なナレーションから始まる戦隊シリーズ随一のハード性を誇るといっても過言ではない、「超獣戦隊ライブマン」が、ついにリリース!!今回のタイトルは、この巻の大きな流れとなりうる、第27話のサブタイトルから引用。ちなみに今回の文章は相変わらず敬称略。

 本作は「競争主義と学歴社会への警鐘」ともいえるテーマを持ち、時に重厚でかなり残酷なドラマが展開されるなど、かつての友と戦う道を選んだ若者たちによる、苦難の青春と心の葛藤が描かれているとあるとおり、前半はまさにそれを描いた尾村豪の哀愁であり、その後で進攻するボルトの「ギガ計画」…。さらには…以降続きで。

続きを読む "娘よ、ギガ計画を討て!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日に生きるぜ!

リンクに表示されるテキスト

「友よ、君達はなぜ、悪魔に魂を売ったのか…!?」
 このような衝撃的なナレーションから始まる戦隊シリーズ随一のハード性を誇るといっても過言ではない、「超獣戦隊ライブマン」が、ついにリリース!!今回のタイトルは、主演の嶋大輔が歌ったエンディングテーマから引用。しかし「海賊戦隊ゴーカイジャー」に登場したのが、大原 丈(西村和彦)で実に良かった。2011年9月18日放送分の第30話が、まさにライブマンの雰囲気のための話だったし、それにジョーとシドの関係が絡んできたのがナイス。しかも敵の声が、中田譲二だったし!!当時の雰囲気そのままでやってくれたのが特に嬉しい。

 天宮勇介(嶋 大輔)にも出て欲しかったが、そこは難しかったのかも。残念。ちなみに全て敬称略。

 今度の第2巻では、新たな敵幹部・Dr.アシュラが登場!他の面々とは違い、元劣等生だった男がボルトの英才教育で、武闘派の超天才となり、ライブマンに襲い掛かる!!その中で、天才達の中にも不穏な空気が…。しかしこの巻、見所はDr.アシュラ以外にも、大教授ビアスを警護するガードノイド・ガッシュの戦慄が、もう一つの見所。本来はビアス警備役として存在するガッシュが、カオスファントムによる頭脳獣誕生や、ギガファントムによる巨大化以外の、その戦闘能力を発揮する!!詳しくは続きで。

続きを読む "明日に生きるぜ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

友よ君達はなぜ?!

リンクに表示されるテキスト

「友よ、君達はなぜ、悪魔に魂を売ったのか…!?」
 このような衝撃的なナレーションから始まる戦隊シリーズ随一のハード性を誇るといっても過言ではない、「超獣戦隊ライブマン」が、ついにリリース!!今回のタイトルは、まさにそれを証明する、第1話のサブタイトルから引用。ちなみに今回の文章は敬称略。

 ハード性においては、「超電子バイオマン」や、「超新星フラッシュマン」が代表的ですが、前者「超電子バイオマン」の年齢層を上げた作品が、「超獣戦隊ライブマン」だと、シリーズ構成を担当した曽田博久の弁。この曽田博久、現在は時代小説作家として活躍中。最初期の上原正三から引き継いだ、初期の戦隊シリーズの牽引役です。この作品の特撮描写の目玉として、四足歩行のメカ・ランドライオンの存在が大きい。これはこの頃、「ZOIDS」が登場したおかげで、獣系電動メカが作られるようになった点が大きいでしょう。

リンクに表示されるテキスト

 この作品では主役に、バラエティでも人気が上がった嶋大輔が主役で登場。この後、まさか「ウルトラマンコスモス」で隊長役になるとは思わなんだ。

リンクに表示されるテキスト

 さらに、今や2時間ドラマの帝王(候補)とも言える、西村和彦が出演。前作「光戦隊マスクマン」にゲスト出演してくれたのも、カメコのせいなのかも。ジェットカノン登場を、大いに盛り上げてくれました。

リンクに表示されるテキスト

 そういえば敵幹部・尾村豪役の坂井哲也も、これに出ていたな。表記の巻では無かったはずだが。
 ヒロイン役には当時人気の森恵が抜擢され、さらに敵には敵のDr.ケンプに広瀬裕(当時・匠)、敵の首魁・大教授ビアスには今や声優として大人気のサー=カウラー・中田譲二!!と、話題には事欠きません。
 当時「スーパー戦隊シリーズ第10作記念作品」として、大きく話題となりました。この頃は「秘密戦隊ゴレンジャー」と、「ジャッカー電撃隊」が、シリーズとして入れられていませんでした(主に版権の問題)ので。
 その話題については盛り上がりが多く、またおいおい解説していきたいと思います。音楽も、「バイオマン」「チェンジマン」を経て「シティーハンター」で、大きくドラマを盛り立ててくれた矢野立美がやってくれましたし。今回は全巻紹介したい。

続きを読む "友よ君達はなぜ?!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

青く輝く何とやら

ブログネタ: 戦隊ものの特撮に出るとしたら、あなたのカラーは?参加数

 なかなか興味深いネタがあったので、早速やってみます。私個人の意見としては青色好きなので、No.2としての青色がお好みです。リーダーは責任が伴いますが、2番手くらいだとそんなに責任無いので(コラ)。本当はハンドルネームにちなんで「黒」にするべきなんでしょうけど、黒がサブリーダーの作品も少ないから。春田純一しか思いつかん。「大戦隊ゴーグルファイブ」と「科学戦隊ダイナマン」ね。
 でも最近の戦隊シリーズでは、その限りでは無いかも知れない。だって、リーダーらしいの少ないもの。最近でリーダーらしかったのは、「侍戦隊シンケンジャー」の殿様くらいだろ。詳しくは続きで。

侍戦隊シンケンジャー 第一・二幕 特別版 [DVD] DVD 侍戦隊シンケンジャー 第一・二幕 特別版 [DVD]

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2010/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

拍手

続きを読む "青く輝く何とやら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

愛のソルジャー

DVD スーパー戦隊シリーズ 光戦隊マスクマン VOL.1【DVD】

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2011/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 人の身体には、未知の力が秘められている。鍛えれば鍛えるほど、それは無限の力を発揮する…!!

  例によってオープニングナレーションから入り、タイトルはエンディングテーマからいただきました。人に隠された未知の力・オーラパワーを駆使し、地底からの侵略者と戦う、「光戦隊マスクマン」をご紹介。当時の超能力ブームに乗ってのオーラパワーという設定ですが、実際には後付けの設定です。もともとは科学力で戦う戦隊として企画されていたみたいですが、超能力以外に当時話題となった、トレンディドラマの要素を加え、ヒーローものの禁忌である「愛と恋」を、物語の主軸に持ってきております。

続きを読む "愛のソルジャー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

惑星(ほし)を守るに色気は不要!?

天装戦隊ゴセイジャー ゴセイヘッダーシリーズ ゴセイワンダー Toy 天装戦隊ゴセイジャー ゴセイヘッダーシリーズ ゴセイワンダー

販売元:バンダイ
発売日:2010/08/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今回は「天装戦隊ゴセイジャー」より、劇場版専用ロボ・ゴセイワンダーのご紹介。これは「天装合体 ゴセイグレート」の胴体を利用して、本体「ワンダーゴセイグレート」を再現するものです。最近の戦隊劇場版では定番の商法ですね。

天装戦隊ゴセイジャー ゴセイヘッダーシリーズ 天装合体 DXゴセイグレート Toy 天装戦隊ゴセイジャー ゴセイヘッダーシリーズ 天装合体 DXゴセイグレート

販売元:バンダイ
発売日:2010/02/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

せっかくなので、そのゴセイグレートも紹介しておきます。

 商品について。これは本体がゴセイドラゴンの色違いが胴体となっており、ヘッダーがゴセイイーグル。残りのヘッダーが、ゴセイビートルゴセイゲーターゴセイエレファントゴセイドルフィンで構成されております。あとはゴセイグレートの本体(ゴセイドラゴンは除く)に、ゴセイジャー各色の担当マシンボディを装着して、ワンダーゴセイグレートとします。合体後の頭部は、胴体がゴセイドラゴンの流用ですので、頭部もゴセイグレートの色違い。そこに追加パーツのヘルメットを装着し、完成となります。どことなくバイキング(海賊)を思わせるデザインがまた良い。武器もトマホークだし。でもビクトリーチャージは微妙だった。

続きを読む "惑星(ほし)を守るに色気は不要!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

獣連者

スーパー戦隊シリーズ 恐竜戦隊ジュウレンジャー VOL.2 [DVD] DVD スーパー戦隊シリーズ 恐竜戦隊ジュウレンジャー VOL.2 [DVD]

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2010/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1億7千万年の眠りから、いま蘇った5人の戦士たち!!

 伝説の戦士、ジュウレンジャーの復活です!!今回紹介する第2巻では、戦隊シリーズ初となった6人目・ドラゴンレンジャーが登場!!ジャケットに写っている緑のやつがそうです。一騎当千の強さを持つドラゴンレンジャーですが、彼には恐るべき運命が待ち受けていた…。さらに敵幹部も強化され、恐るべき女幹部も登場。さらなる激闘へと向かっていきます。

 さて、冒頭のはオープニングナレーションですが、タイトルは(後の方にも書きますが)「ジュウレンジャー」の漢字表記。放送当時は、「10人いるからジュウレンジャー」とかひやかされていたので。

続きを読む "獣連者"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カードバトル激戦区

仮面ライダー サウンドライダーバトル おうちでガンバライド Toy 仮面ライダー サウンドライダーバトル おうちでガンバライド

販売元:バンダイ
発売日:2009/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 現在発売中の商品、「おうちでガンバライド」をご紹介。データカードダス対応のおもちゃの中でも、特にゲーム要素の強い商品です。付属されている16枚のカードだけで遊ぶように作られているそうです(ライダーカード15枚と、スペシャルカード1枚)。ゲームでのカードは使えないそうで、フォームチェンジもできないらしいです。さらにスペシャルカード(黄色)は、全て同じカードとして認識されるようです。なんぞそれ。
 1人か2人で遊べるガンバライドモード、さらにクイズモードと図鑑モードがあるらしいですが、そのあたりはレビューとかをご覧ください。それと、音が大きく音質が少し良くないらしいので、この商品にはボリューム調整が無いようです(ケータッチには付いていたのにね)。本体のバランスも良くないそうなので、住環境には配慮しての購入が必要となりそうです。何というか、ジャンク品という印象。
 とはいえ、実際にゲームするのは抵抗がある人や、実際のゲームで勝てない人が特訓するには十分かと。でも筐体のカードが使えないとなると、このゲーム機のカードも筐体では使えないかも知れません。前衛と後衛だけで戦えるゲームでないことは私にもわかりますが、その辺の練習が出来ないのは少々現行のバトルでは辛いと思うぞ。コンプリートバージョンでも出してくれないものだろうか。以下、本館からコピペしてきた余談ですので続きで。一部改訂していますが、あまりよろしい内容ではありませんので、興味無い方はこれ以上読まない方が賢明です。

続きを読む "カードバトル激戦区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ファイティングポーズ・フラッシュマン!

 ようやく個人的妄想が結実いたしましたが、余談としてもう一つ。タイトルは、エンディングテーマからいただきました。

 あとは、思いついた裏設定を箇条書きにさせていただきます。これは、他の二次創作を想像したうえで考えた、「超新星フラッシュマン」の補完設定です。とはいえ、作品を全話通して見た後では、設定が破状してしまいましたが、このたびの二次創作を創造する上での基盤となった設定ですので、書くことにいたします。本編の個人エピソードから、各々何か惹かれるものがあったんじゃ無いか?と思い、ところどころおかしな設定を作っておりますが、わりと残酷な結末になってしまっています。

 エイリアンハンターに攫われた5人の子供と、英雄タイタン、そしてリー=ケフレンンの繋がりを作ってみました。まず、時村博士が「宇宙人に子供を攫われた時に、UFOが転送装置を落として行き、それを研究してタイムマシンを開発していた」という物語の流れに合わせて、攫われた順番も検討しました。エイリアンハンターの地球滞在期間は3日間、攫われたのは「ルージンブンダイサラ」の順で。この頃、サー=カウラーはまだエイリアンハンターのリーダーではなく、先代の腹心であった。
 ダイの両親・父は元ボクサー(ダイがボクサーと触れ合う話があったので、そこにヒント)で、連れて行かれそうになった時にハンターと戦い、両親とも命を落としたことに。ブンの両親は元暴ヤン(ブンがスケ番と交流する話があった)で、エイリアンハンターのUFOを追いかけて、車で崖から転落して事故死。でもブンはしっかり守った。
 ルーの両親ですが、これが悲惨。山でデートしていた両親が、偶然逃走してきた銀行強盗に射殺され、そのままダムに車ごと沈められる。でも強盗も赤子まで殺せなかったものの、始末しようとした時にエイリアンハンター出現。強盗の方がハンターに殺され、そのままハンターに連れて行かれた。そのままハンター(宇宙人)に育てられる格好に。これはルーが獣戦士の母親になる話があったのと、彼女の名前だけ地球人らしくないので、宇宙人に名づけられたことにすれば違和感が無くなると思ったから。
 あとはジンですが、彼は全員の中で一番年上。さらに「両親の呼び声を聞いた」という確信が本人にはあったらしい。そこで考えたのが、ケフレンがジンの父親という設定。遺伝子シンセサイザーを使いこなす人材を攫うため父親に目を付けており、家族ごと攫われたという解釈。何故目を付けたかは、遺伝子工学博士で音楽家という設定にした。
 そしてサラを連れていく時、夫妻共に宇宙船内部で反乱を起こし、その時に転送装置を落としたことにしております。緊急事態が起こったため、そのまま宇宙空間に空間転移で脱出したものの、十分に飛べず、そこで運悪くタイタンに発見される。ハンターの宇宙船のトラブルによりジンは気絶、その時の事故によりケフレンは重傷、婦人は死亡してしまう。そしてタイタンは子供達を託され脱出して本星に帰還、子供達を本星に残して、メスの侵略に立ち向かうように託す。

 一方、ケフレンはラー=デウスのいるメスの改造実験基地・ラボーへ。妻を蘇らせたいという一心で、遺伝子シンセサイザーを使うが、死んだ人間が生き返ることもない。そこでその遺伝子を使って、新たな命を生みだすことにしたが、その時に生みだされたのがレー=ネフェルということに。ケフレンを終盤「お父様」と呼んだ部分を、遺伝子の記憶ということにした。レー=ワンダには設定があるので、そっちは弟扱い。当初、脅迫されながらであったものの、遺伝子シンセサイザーを何度も苦心しながら使い、遺伝子を操る悦に目覚めつつあった。さらに新たな幹部・レー=バラキを完成させ、再びエイリアンハンターの宇宙船で生命体狩りに向かっていた。
 傷を癒し、今度は両親を救うため、再びエイリアンハンターの宇宙船に乗り込んだタイタンだったが、レー=バラキやサー=カウラーに苦戦する。そして戦いの際に宇宙船で事故が起こり、100年前の宇宙にタイムスリップ、ケフレンの記憶は失われる。残ったのは、遺伝子シンセサイザーを使った時の肉体の記憶のみ。
 そこでラボーがケフレン達の回収にやってきたところで、タイタンはラボーに乗り込んだものの、ラー=デウスの前に敗走する。しかし、ラボーにダメージを与え、ラボーのコンピュータから(偶然)地球とケフレンのデータが消える。そのまま地球に放り出されるが、レー=バラキはタイタン打倒に駆り出されるものの、メスに殺されそうになったところで(この頃にはワンダも生まれていたかな?)タイタンに助けられるが、タイタンは反フラッシュ現象により死亡。バラキはフラッシュ星に赴き、タイタンの亡骸を星に残し、フラッシュタイタンと共に、地球で眠りにつく。その功績が認められたゆえ、タイタンは英雄と讃えられた。
 しかし、ケフレンが地球から連れていかれたのが300年前だとわかったため、ケフレンの設定はすべてパアです(後で調べなおしたら、そのように書いてあった。本編で聞いたのは200年前だったはずですが、よく覚えてない)。そのため、一部後付け。

 あとは「反フラッシュ現象」について。これはフラッシュ星で育った者が、惑星に拒絶される現象です。理屈を付けるとすると、フラッシュ星の構造から入ります。フラッシュ星の戦士は、フラッシュプリズムの力を身体に受けて戦うことができる。しかし、フラッシュプリズムの力は強烈なため、肉体がそれに耐えられなければならない。そのため、その肉体にフラッシュプリズムの力を恒常的に受け続けていることになる。これは第31話で、フラッシュ星系の直列現象によって共鳴現象を起こし、力を受けることが出来なかったという理屈から考えました。そのあたりの理屈付けに関しては、興味深い考察を見つけたので、リンクを貼らせていただきます。私も改めて考える際に、参考にさせてもらった。でもプラネットフォースって、間違いでは無いけど、それって「トランスフォーマー ギャラクシーフォース」じゃあ…。http://homepage1.nifty.com/kasai_s/sugokaga.htm

 他の惑星にとってその強烈な力は惑星破壊を起こしかねず、そのために拒絶反応を起こすという理屈に。これは「惑星も生き物」という一説から免疫反応として空想。ではそれによる肉体の影響を少なくすれば、地球に永住することも可能では?と考え、フラッシュプリズムのエネルギーを膜状に肉体に受け続けて、それを外部に放出させなければ、肉体への影響は少なくで済むのかも、と考えました。科学で行うとすれば、これが想像の限界。こんな具合でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|