ニュース

夢の第一歩

 震災から数日か経ちましたが、復興はなかなか進まない。校庭の土を移動させようにも、移動先の住民が文句を付けたり。これこそ我欲、と言ったところですが、あまり文句もつけられないな。これは廃棄物みたいに、外に持ち出せないという規制もないし、どのように処分をつけるのか。校庭も重要ですが、まず最初に農地の土(特に飯館村)をどうにかしろよ!!と思うのですけど。ただでさえ(カロリー値だけ取って)少ないのに、村一つ分減らされたらますます生産能力下がるぞ。
 ちなみに、海に流して問題になった汚染水ですが、これは海の底の岩盤地層?だかにスペースを作り(あるいは自然に出来上がっている)に捨てるとか。そこから表に出ることは無いと、菅直人も言っていたが、これは信用してもいいでしょう。
リンク: <a title="孫正義氏 福島県知事にケンカ腰で机を叩き泣いて訴えた - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20110429-18646/1.htm">孫正義氏 福島県知事にケンカ腰で机を叩き泣いて訴えた - 速報:@niftyニュース</a>.
 東北の人々の謙虚さが、日本人の美徳と海外メディアで紹介されていたが、その影響で復興が進まないというジレンマもある。政府の対応の遅さや、御用聞き学者ばかり集めて、「真面目に考えてます」アピールだけの会議(業界用語でアリバイ工作という)だけのせいだけではないらしい。でも大手マスコミも、被災地に入るのが遅すぎる。しかも入って実際にやったことは、それこそアリバイ工作(一般的には売名行為)。やっぱり今回の惨事について、どこか他人事扱いしている感が否めない。福島原発は東京の電気も賄っているのに。あまり原発ばかり文句つけても仕方ないとは誰もが思うでしょうけど、かといって今の政権に文句つけるのも難しい。ひとまず、「原発の安全はウソだった」ということで。

リンク: <a title="自民議員の「ガンダム実現構想」 産業振興としてマニフェストに!? - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-88348/1.htm">自民議員の「ガンダム実現構想」 産業振興としてマニフェストに!? - 速報:@niftyニュース</a>.
 ちょっと話題を変えて、随分と昔の記事を。技術大国日本が、名誉挽回のために、大きなプロジェクトを検討しているみたいです。こういうことも復興と同時に進めていかないと、本当に世界から取り残される。でも実現したら、スーパー堤防もこういうやつに組まれるようになるのでしょうね。堤防も早急に作らないと、また津波が起こられたらそれこそ全滅は避けられないから。あとは原発の見直し。これを機に、安全な原発炉に変えるべきですね。プルトニウム式だと、アメリカとかの核保有国の兵器産業が潤うだけだ。ウランを作らないタイプの原発もあると言うし(中国ではそっちで調整中)。

リンク: <a title="ホリプロスカウトキャラバンで声優・アニソン歌手発掘 「アニメ業界に本気に取り組む」 - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/technology/internetdetail/itmns-20110405-20110405085/1.htm">ホリプロスカウトキャラバンで声優・アニソン歌手発掘 「アニメ業界に本気に取り組む」 - 速報:@niftyニュース</a>.
 あとは、将来をになうカリスマ産業の立役者に期待。AKBも復興に向けてアピールとかボランティア活動とかしているが、それ以上のキラ星が出てきてもらいたいところ。石巻のアニソンライブは盛大に盛り上がり、大成功を納めたそうだし。こういう部分でも、日本には頑張ってもらいたいし、ファンの一人としてがんばりたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平成のヒーロー像

リンク: <a title="思わずはまった平成の仮面ライダーランキング - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gooranking-2011032816489/1.htm">思わずはまった平成の仮面ライダーランキング - 速報:@niftyニュース</a>.

 という記事を見つけたので、思わずこちらでもご紹介します。ほとんど本館の原文ママ。ただしこちらでは、広告も扱う。2位に大きく差をつけて1位に輝いたのは、2007年から1年間放送されていた「仮面ライダー電王」。この作品でライダーを務めたのは、今や若手俳優の中でも演技派と評される佐藤健。不運続きで気弱と、一見するとライダーらしくない主人公・野上良太郎は、彼に憑依し力を貸す“イマジン”という味方の怪人によって、さまざまな力を発揮するのが、電王の面白さの一つ。味方のイマジンに憑依された時に起こる性格や格好の変化が特に女性人気を集めた。普段は気弱で優しい主人公ですが、憑依したイマジンによって荒々しい性格になったり、女性を口説いたり、勘違い浪花節になったり、ヒップホップ風のファッションになったりと、コロコロ変化する主人公の姿に人気が集まったということらしい。

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン ディレクターズカット版 [DVD] DVD 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン ディレクターズカット版 [DVD]

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2009/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 2位は平成の仮面ライダーシリーズ第1弾「仮面ライダークウガ」がランク・イン!クウガを演じたのは、今や個性派俳優として人気のオダギリジョー。彼は最初、特撮ヒーロー作品への出演に抵抗を感じていましたが、プロデューサーの「子ども番組のイメージを無視した新しい番組を作ろう」という言葉で出演を決意したのだとか。その結果“大人もはまる仮面ライダー”が誕生し、現在まで続く平成の仮面ライダー人気の火付け役となりました。またブルーレイボックスで出してもらいたいところです。対訳版(CS放送版)で。

仮面ライダー クウガ Vol.1 [DVD] DVD 仮面ライダー クウガ Vol.1 [DVD]

販売元:東映ビデオ
発売日:2000/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 しかしそのこだわりの結果が悪い方向に出てしまったのが「響鬼」でした。でも6位というのが、どうも個人的に納得いかねぇ。
 第3位は「仮面ライダーW」!!最近の作品ということもありますが、見事に振り切ってくれました!!探偵ものという設定も良かったし、バディ・ムービーとして魅力的に作ってくれたのが良かったです。しかもどことなくレトロな雰囲気が、作風を感じさせる。伏線やキャラにおいても丁寧なつくりがなされていたのが、高評価に繋がったのでしょう。この作品でもう一つ外せないのが、やはり「スカル」!!ですね。

DVD 仮面ライダー×仮面ライダー OOO(オーズ)&W(ダブル) feat.スカル MOVIE大戦CORE コレクターズパック【Blu-ray】

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2011/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "平成のヒーロー像"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

独りよがり

 今日は少々真面目な内容を扱います。でも広告も使うので、こちらの商品を引き合いに。

特救指令ソルブレイン VOL.3【DVD】 DVD 特救指令ソルブレイン VOL.3【DVD】

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2010/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ご覧のとおり、「特救指令ソルブレイン」です。こちらの第3巻は、前作「特警ウインスペクター」の登場から始まりますが、各話とも人間のエゴを描いた、見所のある物語も多い逸品です。その中でも特に第30話「神様はつらいよ」をご紹介。
 深海活動用パワードスーツを身に着けてしまったコソ泥が、偶然にも人の役に立つ活躍をしてしまい、最終的には新興宗教の神様に祭り上げられ、身勝手な願いをされて人身御供にされたところを救助される。というのが大まかな流れです。その時の最後の流れが、重くのしかかる。
大樹(主役)「この人は神様なんかじゃない。あなたたちは人間を、自分たちの願いのために人間を焼き殺そうとしたんだ」
   信者たちを責める大樹。そこに犬山(コソ泥)。
犬山「みんなを責めないでくれ!悪いのは俺なんだ。ドジで役立たずの俺が、人の役に立てたらなんて思ったから。神様になれたらなんて思ったから…。役立たずは一生役立たずのままでいればよかったんだ!ごめんなさい!騙してごめんなさい!!本当にごめんなさい!!」
ナレーション「神様になろうとした男がいた。自分のために、そして誰かのために。それは間違った望みだったのだろうか?大樹には、その答えがわからなかった」

 誰かの役に立とうということに、何の謂れがあるだろうか。良くないのは、身勝手な人間のエゴだというのに。しかし、その身勝手な人間も、救いを求めて寄る辺無きを探して廻る。それさえも救おうとするヒーローたちがかつて存在した。そして今も、その心意気は受け継がれている。しかし、そんな独りよがりな人々の思いまで、救わなければならないのか。時々疑問に思う。しかしその独りよがりが、多くの悲劇を生むのだから、捨て置くことは出来ない。一方、人というものもそんなに物分りが良くないので、その意固地さから、更なる悲劇を生むこともある。そんな問答が、レスキューポリスのテーマであるにも関わらず、行き詰った要因でもあるのが、皮肉な話。

 もう少し他の話についても書くと、第21話~第23話に登場したメサイヤも、情報戦というエゴから生み出された人工生命体だし、それに利用された人物もまた、戦争というエゴに利用された存在であった。
 さらに第24話「オオタカを救え」では、絶滅危惧種のオオタカ(鷹)を、カネになるからと狙う人間のエゴが、絶滅に追いやったわけだし。
 他にも第26話「罠をしかけた刑事」も、権力が自分たちに反抗するものを抹殺しようという、(行き過ぎた)正義というエゴから、大惨事に及ぶ話だ。
 さらに第29話「子供帝国の反乱」も、父親の脳研究というエゴに人格を無視して利用された息子が、天才となった頭脳で大人たちに復讐という反抗を起こす話だ。
 そして第31話「彼女は夢の未来車(みらいカー)」では、研究を盗むため泥棒に開発者を殺された未来車が、復讐するため暴走するという、作られた人格にも心が存在し、エゴを出した人間に、自らのエゴをぶつけに行こうという話だった。

 復讐しようという心がエゴならば、自分の主張を通すために手段を選ばないのはどうなのか。相手のことを考えずに、自分の好き勝手ばかり押しつけに来るのは、世話を焼いているだけだと言えるのか。それを考えていたら、随分と時間がかかってしまったが、結局こちらも好き勝手書いているだけのカオス状態になってしまった。そのきっかけは続きで。

続きを読む "独りよがり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|