« コンボ・フルコンプ!! | トップページ | 龍の影を纏う »

娘よ、ギガ計画を討て!

リンクに表示されるテキスト

「友よ、君達はなぜ、悪魔に魂を売ったのか…!?」
 このような衝撃的なナレーションから始まる戦隊シリーズ随一のハード性を誇るといっても過言ではない、「超獣戦隊ライブマン」が、ついにリリース!!今回のタイトルは、この巻の大きな流れとなりうる、第27話のサブタイトルから引用。ちなみに今回の文章は相変わらず敬称略。

 本作は「競争主義と学歴社会への警鐘」ともいえるテーマを持ち、時に重厚でかなり残酷なドラマが展開されるなど、かつての友と戦う道を選んだ若者たちによる、苦難の青春と心の葛藤が描かれているとあるとおり、前半はまさにそれを描いた尾村豪の哀愁であり、その後で進攻するボルトの「ギガ計画」…。さらには…以降続きで。

収録話
第20話 落第オブラーの逆襲!
第21話 豪よ聞け!母の声を・・・
第22話 宇宙カラオケ名人登場
第23話 コンマ1秒に賭けた命
第24話 遊んで百点が取れる?!
第25話 鶴ケ城の8大頭脳獣
第26話 会津の巨大カブト虫
第27話 娘よ!ギガ計画を射て
第28話 巨大ギガボルトの挑戦
第29話 復讐のライブボクサー

 収録されてるのは以上のとおり。第20話は新たな幹部・ギルド星人のギルドスが地球に留学!?それにより退学!?されそうになるオブラーは、名誉挽回のため再び獣人化をはかる。そこで実家に戻るのだが、そこで母と再会。しかし、親子の新たな悲劇の始まりであった…。ライブマンに追い詰められた豪が、彼を庇う母の前で半分獣人化した姿を見せてしまうシーンは衝撃的です。この話と、続きになる第21話は、映像業界を目指す人には勉強になるくらい、秀逸な演出がされております(特にタイトルバック)。
 その第21話ではついに、尾村豪と母の確執が描かれることに。自らが息子を天才にしようと教育を叩き込んできたものの、それがこのような皮肉な結果になってしまうとは…息子の変わり果てた姿に後悔をする母の呼び声は、偽者で撹乱をしようとするボルトの陰謀に打ち勝つことが出来るのか!?その結末は作品をご覧ください。この話が、「超獣戦隊ライブマン」の作品世界そのものを描いております。

リンクに表示されるテキスト

 ここに来て「超新星フラッシュマン」なのは、この巻に収録されている第34話「激流に消えたブン」の話で、ブルーフラッシュ=ブンを助ける母親が、豪の母親役の宗方奈美さんだからです。ここでは人情味あるまさに「お母さん」だったのですが、「超獣戦隊ライブマン」の豪の母親では、息子を想うあまり冷たくなった印象を、見事に出しております。母親でもずいぶんとイメージ変えているのがすごい。
 第22話では、新たな宇宙人幹部・チブチ星人のブッチーが、自慢の歌唱力で人々を惑わす!?でも曲目が時代に合わせて「パラダイス銀河」。そこでブルードルフィンが、持ち歌で対抗します(;´д`)トホホ…
 次は第23話、ついにビアスがギガ計画を立ち上げる!!その第一段階として、ケンプの頭脳獣に「超金属・ギガゾメタル」を与える。その剣技に敗れた勇介は、剣の腕を上げようと躍起になるが、サポートロボのコロンは、0,1秒の時間差さえ破れば良いと、コンピュータらしいアドバイスをするが…体育会系の勇介は受け入れなかった。果たして根性が勝つか計算が勝つか!?
 第24話では、「100点取れる、ニナレタブー」の呪文を広げることで、子供達を怠け者にするという、将来の労働力を奪ってしまおうという、現代では実際に行われているような作戦が!?でもギガ計画には関係ありませんですのだ。
 第25話は仙台ロケのお話。勇介役の嶋大輔は歴史探訪が趣味だったらしく、この頃は撮影を遅らせてしまったとか。でも武装頭脳軍が幽霊って…。以前も似たような作戦をやってたけど。
 第26話は引き続き仙台ロケの話。今度はギガ計画における動力・「ギガスーパーエネルギー」の実験の影響で巨大化したカブトムシに怯える子供のお話。怪物になったとしても、一つの生命に変わりはない、という話です。
 第27話ではついにギガ計画が発動する!?と思いきや、その撹乱のために悪の組織の定番・幼稚園バスジャックを行う武装頭脳軍…恥ずかしすぎる。ちなみに後の調査によると、最初にこの事件を起こしたのはショッカーとされてますが、ショッカーは幼稚園バスジャックやってませんから!!それを阻止するのがめぐみの父親・島田順二!?「科学戦隊ダイナマン」以来の出演で嬉しい限り。

リンクに表示されるテキスト

 第28話では今度こそ発動したギガ計画!!その全容は、単純明快なのでバラしてしまうと、ビアスの設計した巨大ロボ・ギガボルトで一気に地球侵略を行うというもの!!ですので。タイトルバックの演出は、第21話に匹敵するするくらい秀逸です。ギガスーパーエネルギーによる攻撃力と、ギガゾメタルの装甲の前に、ついにライブロボは捕らえられてしまう!!そこに割って入る1台の戦闘マシンに乗る男・矢野鉄也は何者か!?
 そして第29話、鉄っちゃんこと矢野鉄也について廻る青年・相川純一も登場し、二人がかつての学友、矢野卓司の弟と相川麻里の弟だと判明する。卓司にはライブクーガーを開発した弟・卓也からは何も話が出てきませんでしたけど!?正直テコ入れですから…。元々無かった設定ですので。でもテコ入れすることになったから、豪も途中退場することになったのですけど。ギルドスやブッチーもそのために用意したキャラですか!?…やや脱線しましたが本編に戻ると、弟二人は死んだ兄と姉が設計したロボを戦闘用にしたライブボクサーで、ギガボルトに復讐を挑む!!しかし!?…でもライブボクサーって、ボクサーになった理由は当時マイク=タイソンが話題になったからなんですよね。しかもボクサー言うわりにずん胴なんですよね…(;;;´Д`)ゝその理由は次巻でわかります。

 ところでこの巻、以前二次創作していた時に題材に使った話が多く、私としても思い入れが深かったりします。特にその頃は話の内容をほとんど知らず、実際に映像を見てややがっかりしたことも。手前味噌になりますが、他の題材を持ち込んで組み合わせた結果、映像よりも良い出来栄えになり、変な自信がついていたことも。機会があれば、また紹介したい。その頃には、このブログも移転している頃かも。

|
|

« コンボ・フルコンプ!! | トップページ | 龍の影を纏う »

広告」カテゴリの記事

戦隊ヒーロー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/41834732

この記事へのトラックバック一覧です: 娘よ、ギガ計画を討て!:

« コンボ・フルコンプ!! | トップページ | 龍の影を纏う »