« バンダイコレクション Vol,6 | トップページ | バンダイコレクション Vol,8 »

バンダイコレクション Vol,7

Gm

 またも「バンダイコレクション」から、新作ゲームをご紹介させていただきます。今度のゲームは、最近の人気に便乗してか、「SDガンダム アルティメットカードバトルモバイル」…長いわ。
 これはバンダイのネットショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で、カードダス20周年記念を祝して復刻されたカードダス人気に便乗し?登場した新作カードダス…しかし便乗してばかりだな。これも「ヴァンガード」とかの人気にヴァンガっとくためにやってるようなものだと思うのは、私の邪推だろう。実際、カードゲームが人気高いのかどうかなんて、私にはよくわからん。

 さて、前文はこのくらいにして、ゲームについて説明しましょう。ただし、結構情報が多いので、詳しくは続きで。前文は全て共通ですが、あしからずご了承願います。

 今回は主に、ゲームの概要について説明します。このゲームは、歴代のSDガンダムシリーズのクロスオーバーとしてのカードゲーム式モバイルゲーム、といったところでしょうか。
 主な「SDガンダムワールド」(中段右)、これは宇宙世紀と呼ばれる、ガンダムの基本フォーマット。ただし、20世紀代の作品もここに集約されています。次に「戦国伝」(上段左)、これは武者ガンダムの世界。次に「ナイトガンダム」(下段左)、西洋の中世騎士風のガンダム世界、いわゆるファンタジー路線です。次が「ガンドランダー」(下段右)、これも一種のファンタジーですが、何と体現してよいのか、私も悩みます。オフィシャルサイトでも、異形の戦士と称されていたし。それから「SDコマンド戦記」(中段左)、これはいわばミリタリー映画の世界、と言ったところでしょうか、コマンドガンダムメインの世界です。さらに「最新のガンダムワールド」と称するべきか、SEED以降のガンダム世界が展開されています。「宇宙世紀以外のガンダムワールド」や、「SDV」と呼ばれる、SDガンダムのバリエーション豊富な世界観が展開されています。上段左の部分です。これは「紅武者」と書いて、「レッドウォーリア」と読みます。漫画「プラモ狂四郎」に登場したオリジナルガンダム・レッドウォーリア(パーフェクトガンダム3号機だったりする)を、SDガンダムの世界観で武者として登場させた、SDならではの企画です。「狂四郎」の流れを組む作品、「超(ハイパー)戦士 ガンダム野郎(ボーイ)」に登場したオリジナルキャラですので、SDVとして扱われます。こんなのまで登場させるのだから、ある意味悪ふざけと言える企画です…。

Gm_1

 さて、ゲームの構成としては、サイトのトップから「マイページ」と呼ばれる、ユーザー専用の操作画面に飛ぶ、これはほとんど「ガンバライドモバイル」と変わりがありません。正直、システム使い回しじゃあ…。実際、やることは「クエスト」・「バトル」・「融合」・「ショップ」だし。その中で「融合」ですが、これは「ガンバライドモバイル」における、「強化トレード」ですので、「手持ちのカードを使って、デッキやそこに組み込むカードを強化する」ことと何ら変わりはないです。これはまた順を追って、解説いたします。

Gm_1_2

 でも違うところもあります。「ガンバライドモバイル」では存在しなかった、案内役が存在します。こちらの「サタディ指導員」女史がそうです。あくまで画面上の人です。「ガンバライドモバイル」は男っ気満載のサイトでしたので、案内役も男っぷりの強い文章でした。それに画像も無い。何とか違いを見せようと、「ガンダム」シリーズのオペレーターが女性なのにちなんで、このようになったのでしょう。双方に共通して、「運営便り」という情報案内が存在しますが、「ガンダムアルティメットモバイル」でも、文章が女子になっています…あくまで文章だけ。中の人のことなど考えたくも無い。
 それはさておいて、次回はサタディ指導員の文章に従い、「クエスト」などのゲーム内の説明をさせていただきましょう。

|
|

« バンダイコレクション Vol,6 | トップページ | バンダイコレクション Vol,8 »

SDガンダム」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/40746068

この記事へのトラックバック一覧です: バンダイコレクション Vol,7:

« バンダイコレクション Vol,6 | トップページ | バンダイコレクション Vol,8 »