« 一騎当千 the First | トップページ | 未来(あした)を守る騎士(ナイト)たち »

レッド・ブルー・イエロー

宇宙大帝ゴッドシグマ コンプリートDVD【完全生産限定版】 DVD 宇宙大帝ゴッドシグマ コンプリートDVD【完全生産限定版】

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2011/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 海・陸・空で合体だ!!の、「宇宙大帝ゴッドシグマ」が、まさかのDVD-BOXで登場です!!記事を考えてたら、時間かかってしまった…。最近「スーパーロボット大戦Z」にも登場し、歴代ロボットアニメ最大の身長(256m!!でも放送後は66m。こっちが公式)を持つこともあってか、ここにきて話題となっております。

 さて、話の内容を少々。2050年…だったか?人類は木星での移民に成功し、地球ではトリニティシティを中心に、新たなエネルギー開発が行われていた。その中で、木星の衛星・イオが、エルダー軍という宇宙人軍団に襲われる。トリニティシティでの式典に参加していた壇 闘志也は、友人で風見博士の助手・ジュリィ野口とともに、式典で紹介された風見博士のロボット・空雷王と、海鳴王に乗り込み、地球に侵攻してきたエルダー軍を撃破する。その後、陸震王にはイオからの避難民・吉良謙作が乗り込むことに。風見博士のスポンサーでもあるマルチーノ商会社長や、その娘・ミナコに振り回されつつも、彼らはエルダー軍司令官・テラルが送り込むコスモザウルスと戦い、地球と木星圏を守るため、3体のメカに乗り込み、トリニティエネルギーの源・ビッグウイングと合体し、エルダー軍と戦っていくのだ。

 その中で、次第に動きが変わっていく。敵将・テラルの武人としての一面やその正体、さらにエルダー軍の侵攻の目的を知り、彼らもまた宇宙の平和のために戦うことに、その意識が変わっていく。しかしそれでも、戦争に駆り出される人々の悪しき欲求は尽きず、さらなる悲劇を迎えることに。敵であるエルダー軍では、副官として派遣されたガガーンにより、総司令官の座をに奪われ、テラルは失脚。エルダー軍は、残虐な侵攻作戦を展開していく。その中でテラルと打ち解けていくトリニティシティの面々であったが、ゴッドシグマの開発者・風見博士が、科学への探究心という欲求に駆られ、エルダーの持つ最先端科学を手に入れようと豹変し、最後には多くの人々を裏切って死んでいくのであった…。
 最後には無事、エルダー軍との和平交渉のため、闘志也はエルダー星の人々の待つ未来へと旅立っていく。宇宙の平和のために戦った若者は、今度は宇宙の平和のために、長い旅を始めるのだ。

 おおまかな話の流れはこんな感じです。ネタバレにならないようにがんばってみましたが、この作品では難しいわ。ブロードバンド配信も時々やってますが、ぜひともDVD-BOXをご覧頂きたい。キャラクターデザインが新谷かおるというのも、この作品のウリ。監督は当初、神田武幸氏(銀河漂流バイファム・機甲戦記ドラグナー・ガンダム~第08MS小隊~の前半)だったのですが、第10話から田口勝彦氏(昭和仮面ライダーシリーズ)に変わります。監督に関しては略歴として作品を書きましたが、適当に抜粋しただけですので、詳しくは調べてください。主題歌はささきいさおサンというのも、ポイントですが、歌においてはエンディングが特にポイント。今回のタイトルは、そのエンディングタイトルから頂いたものですが、サビの部分で「水金地火木土天海」と、時代を感じさせます。冥王星ははるか遠く…。というか、10番目の惑星って、結局どうなったの!?

|
|

« 一騎当千 the First | トップページ | 未来(あした)を守る騎士(ナイト)たち »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ロボットもの」カテゴリの記事

広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/38750809

この記事へのトラックバック一覧です: レッド・ブルー・イエロー:

« 一騎当千 the First | トップページ | 未来(あした)を守る騎士(ナイト)たち »