« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

独りよがり

 今日は少々真面目な内容を扱います。でも広告も使うので、こちらの商品を引き合いに。

特救指令ソルブレイン VOL.3【DVD】 DVD 特救指令ソルブレイン VOL.3【DVD】

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2010/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ご覧のとおり、「特救指令ソルブレイン」です。こちらの第3巻は、前作「特警ウインスペクター」の登場から始まりますが、各話とも人間のエゴを描いた、見所のある物語も多い逸品です。その中でも特に第30話「神様はつらいよ」をご紹介。
 深海活動用パワードスーツを身に着けてしまったコソ泥が、偶然にも人の役に立つ活躍をしてしまい、最終的には新興宗教の神様に祭り上げられ、身勝手な願いをされて人身御供にされたところを救助される。というのが大まかな流れです。その時の最後の流れが、重くのしかかる。
大樹(主役)「この人は神様なんかじゃない。あなたたちは人間を、自分たちの願いのために人間を焼き殺そうとしたんだ」
   信者たちを責める大樹。そこに犬山(コソ泥)。
犬山「みんなを責めないでくれ!悪いのは俺なんだ。ドジで役立たずの俺が、人の役に立てたらなんて思ったから。神様になれたらなんて思ったから…。役立たずは一生役立たずのままでいればよかったんだ!ごめんなさい!騙してごめんなさい!!本当にごめんなさい!!」
ナレーション「神様になろうとした男がいた。自分のために、そして誰かのために。それは間違った望みだったのだろうか?大樹には、その答えがわからなかった」

 誰かの役に立とうということに、何の謂れがあるだろうか。良くないのは、身勝手な人間のエゴだというのに。しかし、その身勝手な人間も、救いを求めて寄る辺無きを探して廻る。それさえも救おうとするヒーローたちがかつて存在した。そして今も、その心意気は受け継がれている。しかし、そんな独りよがりな人々の思いまで、救わなければならないのか。時々疑問に思う。しかしその独りよがりが、多くの悲劇を生むのだから、捨て置くことは出来ない。一方、人というものもそんなに物分りが良くないので、その意固地さから、更なる悲劇を生むこともある。そんな問答が、レスキューポリスのテーマであるにも関わらず、行き詰った要因でもあるのが、皮肉な話。

 もう少し他の話についても書くと、第21話~第23話に登場したメサイヤも、情報戦というエゴから生み出された人工生命体だし、それに利用された人物もまた、戦争というエゴに利用された存在であった。
 さらに第24話「オオタカを救え」では、絶滅危惧種のオオタカ(鷹)を、カネになるからと狙う人間のエゴが、絶滅に追いやったわけだし。
 他にも第26話「罠をしかけた刑事」も、権力が自分たちに反抗するものを抹殺しようという、(行き過ぎた)正義というエゴから、大惨事に及ぶ話だ。
 さらに第29話「子供帝国の反乱」も、父親の脳研究というエゴに人格を無視して利用された息子が、天才となった頭脳で大人たちに復讐という反抗を起こす話だ。
 そして第31話「彼女は夢の未来車(みらいカー)」では、研究を盗むため泥棒に開発者を殺された未来車が、復讐するため暴走するという、作られた人格にも心が存在し、エゴを出した人間に、自らのエゴをぶつけに行こうという話だった。

 復讐しようという心がエゴならば、自分の主張を通すために手段を選ばないのはどうなのか。相手のことを考えずに、自分の好き勝手ばかり押しつけに来るのは、世話を焼いているだけだと言えるのか。それを考えていたら、随分と時間がかかってしまったが、結局こちらも好き勝手書いているだけのカオス状態になってしまった。そのきっかけは続きで。

続きを読む "独りよがり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドツカレさん!!

メンドク星マーチ Music メンドク星マーチ

アーティスト:高田純次&松元環季,ケロロ小隊,イオラナ(本城雄太郎&松元環季),高田純次,松元環季
販売元:flying DOG
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 メンドク星ナとか、いつまで続くんだぁぁぁぁ!?とか言っていたら、その時点で終わることになった「ケロロ軍曹」の、第7シーズン(これでオシメェであります)のオープニングでありますよぉ!!これが終われば、まずは一休みであります。

続きを読む "ドツカレさん!!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

剣の舞

ブログネタ: 一度やってみたいアニメの必殺技は?参加数

 確かにスペシウム光線やライダーキックには憧れます。だからぜひやってみたい。しかし個人的には、宇宙刑事に影響受けたヤツなので、やってみたい技は「レーザーブレード!!」…厳密には技じゃないんですけどね。昔はよく振り回したものです。広告は続きでご覧ください。

拍手

続きを読む "剣の舞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

美しき闘士たち(タイトルだけ)

Book クイーンズブレイド リベリオン 大海賊 キャプテン・リリアナ

販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ご機嫌うるわしゅう、野郎ども。これは紹介文のセリフです。「クイーンンズブレイド リベリオン」に参入する新キャラ、海賊貴族・キャプテン・リリアナのご紹介。ちなみにタイトルは、オリジナルビデオのサブタイトルから拝借。だからビデオの内容とは、何の関係もありませんので、あしからず。で、彼女の設定では、いわゆる貴族精神を持つという、バイキングのような設定ですが、そこはこのシリーズ、かわいらしい女の子麗しい子爵(合ってる??)のお姿を召されております。彼女も、沼地の魔女の魔力で復活したという。

クイーンズブレイド 冥土へ誘うものアイリ (対戦型ビジュアルブックロストワールド) Book クイーンズブレイド 冥土へ誘うものアイリ (対戦型ビジュアルブックロストワールド)

販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 そのあたりの代表的なキャラといえば、やっぱり個人的趣味の影響もあって、「冥土へ誘う者 アイリ」が思いつく。メナスやメローナもおりますが、尺の都合でカット。というか、沼地の魔女って、もしかしてカワイイ子好き!?復活させる者に、随分とマニアックなご趣味が…。いやそれより、「リベリオン」ではこれまでの配下の出番って無いの!?

続きを読む "美しき闘士たち(タイトルだけ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »