« 電子の海の可能性は未知数 | トップページ | ツインテール祭りその2でっす!! »

青く輝く何とやら

ブログネタ: 戦隊ものの特撮に出るとしたら、あなたのカラーは?参加数

 なかなか興味深いネタがあったので、早速やってみます。私個人の意見としては青色好きなので、No.2としての青色がお好みです。リーダーは責任が伴いますが、2番手くらいだとそんなに責任無いので(コラ)。本当はハンドルネームにちなんで「黒」にするべきなんでしょうけど、黒がサブリーダーの作品も少ないから。春田純一しか思いつかん。「大戦隊ゴーグルファイブ」と「科学戦隊ダイナマン」ね。
 でも最近の戦隊シリーズでは、その限りでは無いかも知れない。だって、リーダーらしいの少ないもの。最近でリーダーらしかったのは、「侍戦隊シンケンジャー」の殿様くらいだろ。詳しくは続きで。

侍戦隊シンケンジャー 第一・二幕 特別版 [DVD] DVD 侍戦隊シンケンジャー 第一・二幕 特別版 [DVD]

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2010/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

拍手

 最近の戦隊では、実際リーダー不在です。「天装戦隊ゴセイジャー」でも、結局リーダー不要という話があったくらいだし。引っ張るヤツがいないのもどうかと。とはいえ、それぞれが必要に応じて、状況を引っ張るというのは賛成です。「相手にいちいち調子を合わせる」という、尻の軽さとはわけが違うもの。

DVD スーパー戦隊シリーズ 天装戦隊ゴセイジャー VOL.9【DVD】

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2011/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 それで、「リーダーがレッドではない戦隊」を列挙してみます。各色がその作品におけるリーダー格(カクレンはホワイトなので、色が消えないようにグレー)。下線の作品は、具体的なリーダーが思いつかない作品。
忍者戦隊カクレンジャー
電磁戦隊メガレンジャー
星獣戦隊ギンガマン
未来戦隊タイムレンジャー
百獣戦隊ガオレンジャー
忍風戦隊ハリケンジャー
爆竜戦隊アバレンジャー
魔法戦隊マジレンジャー
獣拳戦隊ゲキレンジャー
炎神戦隊ゴーオンジャー

天装戦隊ゴセイジャー

 基本、どのシリーズでも「レッドをリーダーみたいに扱う」ということにはなっています。それは上のやつでも同じこと。そんな状況は、特に「カクレンジャー」においてはっきりしました。時代の流れと言うヤツで、「男がリーダーなのは女性蔑視だ」という風潮です。特に「セーラームーン」が人気出てきた頃だし、女性が台頭してきた時代でした。
 結局、どの作品でも後半からはリーダーを張るようになってます。しかしこれの逆パターンも存在。「轟轟戦隊ボウケンジャー」では、元々レッドをチーフとして、しっかり立てようとしていましたが、後半からはレッドがお笑いキャラになるという、おかしな現象が発生。役者の都合なのか、理由ははっきりしないけど、特に脚本家の力が影響強いんだろうな。横手美智子氏の場合特に、リーダー不要論が色濃く出てくるからな…良いにせよ悪いにせよ。

 余談ながら、ブラックがサブリーダー的な作品を列挙。(以下、バトルフィーバーJは除く)
大戦隊ゴーグルファイブ
鳥人戦隊ジェットマン
恐竜戦隊ジュウレンジャー

 以下、ブラックよりもピンク(女性)の方がサブリーダーっぽい作品を列挙。色変換は、ピンクがいないか、ピンクじゃない作品。
科学戦隊ダイナマン
電撃戦隊チェンジマン
光戦隊マスクマン
超獣戦隊ライブマン
高速戦隊ターボレンジャー
地球戦隊ファイブマン
 前述の「轟轟戦隊ボウケンジャー」は、もはや後半はピンクがリーダー状態でした。役者は、個人的には微妙。本人には悪いけど、芝居も印象薄いし。

 でも次の「海賊戦隊ゴーカイジャー」ってどうなのよ。悪者として扱われがちの海賊を、正義の味方とするのは。いわゆる義賊として扱うのだろうけど、いくら「ワンピース」の人気が長いからって…。ちなみに「宝箱を開ける」発想からか変身がカギって、「リュウケンドー」かっての。ところでこの作品では、レッドはリーダーから外されるのか??

 余談だが今年の「スーパー戦隊祭り」、天使対侍というのも妙な組み合わせ。来年はもっとおかしな組み合わせになるぞ。そもそも、「天使」というのが主役として扱われる時点で、相当ネタ切れ感が出ているのが、これまでの作品群からも現れているんだが。それはともかく、予告での「天使と侍が、悪しき魂に天罰を下す!」というキャッチだが、個人的には「天罰」ではなく「成敗する!」なら、両方の作品観が出ると思うのだが。「天罰を下す」では、「ゴセイジャー」ばかり前に出している印象が強いし。ダイスオー意識しすぎだ。こうやって必死で売り込もうという姿勢が、逆にダイスオーに魅力が不足していると感じてしまう遠因かも。それより前回の「VSシリーズ」、ゴセイジャーにアクマロはおろか十蔵ほどのヤツが追い詰められているのは納得いかねぇ。油断しすぎだ。相手は見習いだぞあの時点で。それで「強い」って、絶対ありえねぇって。

|
|

« 電子の海の可能性は未知数 | トップページ | ツインテール祭りその2でっす!! »

コネタマ」カテゴリの記事

ヒーローもの」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

戦隊ヒーロー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/38263834

この記事へのトラックバック一覧です: 青く輝く何とやら:

« 電子の海の可能性は未知数 | トップページ | ツインテール祭りその2でっす!! »