« 惑星(ほし)を守るに色気は不要!? | トップページ | 傷ついた地球のために »

メイドはヘマしてナンボかよ!?

クイーンズブレイド 美しき闘士たち「憂鬱!アイリの二心」 [Blu-ray] DVD クイーンズブレイド 美しき闘士たち「憂鬱!アイリの二心」 [Blu-ray]

販売元:メディアファクトリー
発売日:2010/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 …いやそれはメイド本来の役割に反するだろ。誰だメイド=ドジっ娘という定義を作ったのは。では改めて、今回は久しぶりのこちらをご紹介します。「クイーンズブレイド」のオリジナルアニメですね。このままこの流れで、続編の「リベリオン」に入っていくのだろうかとも思われますが、それは完結してみないとわからない。

 そんなわけで、今回は中間にあたるアイリのお話。話の大まかな流れはこうです。ホビージャパンの紹介分のまま。
ボスクの街にあるカトレアの武器屋。クイーンズブレイドが終わり、アイリはカトレアとラナ(カトレアの息子)の家に立ち寄っていた。少しの間居候するつもりだったのが、ラナとの穏やかな生活に時間を忘れ、つい長居をしてしまっていた。そんな中、支配の魔法をかけられ忠誠を誓った沼地の魔女のことをふと思い出し、帰ることを決意。すると沼地ではメローナ(一応お仲間)が彼女を待っていた。お仕置きをするために…。アイリが屈辱的なお仕置きの数々に耐えていると、沼地に侵入者がやってきた。魔女への忠誠の証としてアイリは侵入者の撃退に向かうが…。

 というのが大まかな筋書き。末尾の侵入者の部分はおそらく、カトレアとラナでしょう。それでこの流れは、「本編でいい人キャンペーンの効果が強すぎて人気が上がりすぎたアイリを、元のお色気担当やられキャラに戻して、消滅の際の余韻を残し過ぎないための処置」かと思われます。ということは、やっぱりラナとは別れなければなりませんのですね。せめて、後味の悪い悔恨が残らないようにしていただきたいですわ。物語の中では、そんな別れ方もあることでしょうから。
 というか、この前の「アレイン」の話なんかそんなイメージのタイトル。この巻は出番の少なかったキャラの救済処置かと。特に3巻は、カトレアの救済処置かとも取れます。でもこの後の「メナス」の話が、お色気成分過剰の酒池肉林悪ふざけ話になっているみたいだからな…。本編で出来なかったお色気担当の沼地の魔女勢、過剰サービスということか。ここらへんでアイリを元の「へっぽこやられメイドキャラ」に戻しておかないと、お色気成分が足りなくなってしまうし(哀愁漂うカッコキャラだと、お色気サービスはいじめっぽく見えてしまうからな)。さっきと書いている内容が違う??気にしないで。アイリの元々の立ち位置は、「マジンガーZ」におけるあしゅら男爵のポジションだからな…。「カードキャプターさくら」のように、「ほえ~」とか言って吹っ飛ばされている姿が似合うお人ですから。せっかくなんで、下にマジンガーの広告を貼っておく。
 それに戻しておく効果は、さらに後の「ナナエル」の話において、倒されるための死亡フラグ!?3(主役)・4(いじられ役?)・5と登場が決まっているようだし。ちなみに第1巻は、本編で強さを出しきれなかったキャラへの挽回のためかと。5・6巻では、それこそ「リベリオン」に向けた伏線として作るのかも知れない。

スーパーロボット超合金 マジンガーZ (初回特典付き) Toy スーパーロボット超合金 マジンガーZ (初回特典付き)

販売元:バンダイ
発売日:2010/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 しかし私も、冒頭部分でついアホな妄想を展開してしまった。まず最初になんというか、「アイリとラナの穏やかな時間」という文脈で、一瞬こんな構図を思い浮かべてしまった。Photo_2アニメ「楽しいムーミン一家」のオープニングより。ムーミンとフローレン、そしてミイが踊っているシーンのような、アイリとラナの構図を。かなりアホの子ですねワシ。それだけでは私もアホの子扱いなので、ちょっと広告を。先程「楽しいムーミン一家」のことを引き合いに出しましたが、これのオープニング・エンディングを歌っているのが白鳥英美子さんですので、それが収録されたCDをご紹介。芸歴古いだけあって、実にお上手です。ちなみにこのアニメ、スナフキンの声が子安武人さんです。それと、左上の時間表示は再放送で得た画像ですので、気にしないでください。

ムーミン・セレクション~ムーミン主題歌集~ Music ムーミン・セレクション~ムーミン主題歌集~

アーティスト:アニメ主題歌,タイロン橋本,esウインド・シンガーズ,白鳥英美子,子安武人,水森亜土,高山みなみ,ポンピン隊
販売元:キングレコード
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 それにしても、再放送ではタイトルの下の表示年代が今年になっているんだが。あのアニメ確か20年前のテレ東でやっていたアニメのはずなんだが(その証拠に番組初期には、すでに亡くなられた田の中勇さんや井上遥さんの名前もあった)。提供元のヤンソン一家から、年代を変更するように契約結ばれたんだろうか。

以下、さらにそんな恥ずかしい冒頭部分の妄想記事。

朝はラナのお相手をしていたアイリ(ちょうど上の写真の構図の後くらい)。昼の支度を済ませ、カトレア夫妻を迎え入れたところ(カトレアのセリフは都合割愛。思いつかないから)。
アイリ「お待ちしておりました。お食事の用意を整えておきましたわ」
オーエン(カトレアの旦那)「おう、ありがとうよ」
食事をとるカトレア一家。
オーエン「すまねぇな、ラナの面倒まで見てもらっているのに、メシも用意してくれてよ」
アイリ「これもメイドのたしなみですわ」
オーエン「こんな良くできたメイドさんを抱えているやつぁ、生活に困らねぇだろうな」
アイリ「恐れ入ります」

アイリ「あっ!!そうですわ!!ご主人様のことをすっかり忘れていましたわ!!」Σ(゚д゚;)
オーエン「主人のことを忘れてるメイドさんって…」Σ( ̄ロ ̄lll)
アイリ「こうしてはいられませんわ。わたくし、急いでご主人様のところへ帰らなければなりません」ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
オーエン「そんなに急ぐこともねぇんじゃねえか?」
アイリ「そうも言っていられませんわ。少々のお暇(いとま)をするつもりでしたのに、つい長居をしてしまいましたから」
オーエン「大変だなメイドも」(´ρ`)
アイリ「どうもお世話になりました。貴方がたの発展を、柄ではありませんがお祈りいたしますわ」
カトレア「どうもありがとうございました」
アイリ「ラナ、御達者で」
ラナ「…うん。お姉ちゃんも元気でね」
アイリ「そんな顔しませんの。またお逢いすることもあるかも知れませんわよ。では、失礼いたしますわ」
オーエン「おう。せっかくだ、メシくらいは食っていけや」
アイリ「あーん!遅刻遅刻ぅ!!」
発進するかのごとく飛び出すアイリ。
踵を返して戻ってくるアイリ。
アイリ「…って、なにやらせるんですか!?」(`Д´)
オーエン「…アンタもノリいいなぁ。それもメイドのたしなみなのか?」(;´Д`A ```
アイリ「こっ…これも仰る通りのたしなみですわ!」(`ε´)←ツンデレ成分?
ラナ「お姉ちゃん…」( ゚д゚)ポカーン

…何なのでしょうね、自分でもバカらしくなってきましたわ。顔文字は補足みたいなものです。なんというか、やっている中の人のデビュー作のイメージがつい、ね。それにしても、沼地の魔女の屈辱的なお仕置きって、いまだに詳細が掴めませんわ。沼地の魔女のお姿も、リベリオンの冊子には掲載されていらっしゃるのでしょうか。

|
|

« 惑星(ほし)を守るに色気は不要!? | トップページ | 傷ついた地球のために »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

二次創作作品」カテゴリの記事

広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/36488834

この記事へのトラックバック一覧です: メイドはヘマしてナンボかよ!?:

« 惑星(ほし)を守るに色気は不要!? | トップページ | 傷ついた地球のために »