« 戦力は整ったであります!! | トップページ | ハードボイルドの真骨頂 »

ハードな奮闘記

 というタイトル通りといいますか、それにちなんだ商品でも、と思ったものの、大したものが無かったので、商品の紹介が出来ないのはつらいわぁ~。

 では改めて、タイトルどおりのことを。今回、私が使用しているノーパソのハードディスクを交換しました。大した内容にはなりませんが、お困りの方への参考程度になれば良いかと思い、記事にいたします。もっとも、作業自体は簡単でしたので、大した参考にはならないと思いますが、一応残しておきましょう。

 まず内蔵のHDを取り出します。大体裏面にネジで蓋を固定しているくらいですので、ネジさえ取れば外せます。

399
 上の写真は、HDを内蔵ケースごと引き抜いたものです。これだけで簡単に抜けました。ただし抜くときは、出来るだけまっすぐ引くようにしなければなりません。上の金色のジャック部分が痛むから…かな。あと、左側にあるピンだけ、ジャックに入っていません。この部分を参考にしておけば、取り付ける時の目印にもなります。

412

 次にケースからHDを抜きます。横側左右4隅にあるネジを外せば、簡単に抜けます。金属端子には手を触れないように、作業してください。

413
で、抜いた状態がこれ。数字やメーカーが書いていますが、あくまで個人のことなので、追及しないでください。これで交換準備は完了です。

414

 これが交換用のHD。取り外したHDに対して、裏面にあたる部分です。

415

 ひっくり返して、ケースに入れます。取り外した時とは逆の順序です。ケースの丸部分に、形式表記?がくるようにセットすれば、横のネジ穴にも合わさります。そこを逆順序でネジを取り付ければ、セット出来るようになります。

416

 ではセットします。他所のメーカーの仕様はよくわかりませんが、だいたいケースもこんな感じでしょう。金属端子とは逆の位置に出っ張った金属板がありますが、これが固定用のネジ受けです。このネジ穴スペースにネジ受けを差し込みながら、中に納めます。

417

 あとは取り外す時と逆の手順で、端子を差し込んでいきます。抜くとき以上に、差し込む時の方が端子を痛めやすいので、まっすぐ押しこむようにしなければなりません。これで端子が傷んだら、読み込みも出来なくなるかと。

 こんな調子でやってみましたが、参考になるかどうかは私にもわかりません。しかも十分に説明出来ていないし、HDの種類については、パーツショップの店員に相談して決めたモンですから、ほとんどおまかせ状態でした。自身の労力はHDの交換くらいでしたから。それに割と力が必要なので、女性には難しいかも知れません。でも、メーカー保証の無い状態でのHD交換を頼めば30,000円からですから、それを思うとHD単品では5~6,000円で電車代を経費と考えれば、十分安い。ちなみにノートパソコンだと、HDのサイズは2,5インチです。そのあたりはご注意を。

 さて、それでHDを交換したのは良いにして、製品備え付けのリカバリディスクでなんとか復旧させたし、その辺も考えて復元ポイントを作っていたものの、それでも戻らないデータは数多い…。フリーソフトやアプリケーション、さらにPCゲームはインストールし直せば良いし、ネットサイトのパスワードなども入力すれば良いのですけど、ブロードバンドのライセンスが降りないのはツライわぁ。アップデートも入力やりづらいし。
 それにドライブも複製する方法を取ってみたのですが(パソコン誌で見た)、どうも読み込めないデータがあるため、複製が出来なかったという罠!!なんてこった…。最近本館の方も更新が滞っていたのはこのためなのですが、別の理由も。これはまた本館で書くことにしますが、これだけ奮戦してもデータが戻らないというのは辛い。バックアップは取っているのですが…。というか、何が原因で複製できないのかよくわからん。ウイルスチェックも異常無かったし。何にせよ、これである程度は元に戻るのだから、それはいいか。

|
|

« 戦力は整ったであります!! | トップページ | ハードボイルドの真骨頂 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/36340678

この記事へのトラックバック一覧です: ハードな奮闘記:

« 戦力は整ったであります!! | トップページ | ハードボイルドの真骨頂 »