« ハードな奮闘記 | トップページ | 伝説は塗り替えるもの »

ハードボイルドの真骨頂

 HD交換もどうにか落ち着きました。ブロードバンドもどうにかなったと思うので、やっと元の環境に近づいた印象。今回の交換で役立ったのは外付けHDもありますがもう一つ。USBメモリも役立ちました。今回はそのUSBメモリをご紹介。レビューですね。

425

スカル!!
 というわけで、以前購入したスカルメモリを今回使用。

427

 外側のスカルメモリはカバーですので、中身はこうなっています。BUFFARO社製のメモリです。「SKULL」の文字がカッコイイ。

426
 カバーの裏面はこのようになっています。

438

 というわけで、取り付けてみました。これまたBUFFARO社のUSBポートです。かなり増設しているので、こっちに装着。装着すると、パソコンにアイコンが表示されます。

428
 「GAIAMEMORY」のアイコンが表示されます。これを起動すると…

429
 画面にスカルメモリが大きく表示される!!これがUSB版のガイアメモリの特徴です!!これをクリックすると…

430
「スカル!!」と立木さんの声が響く!!するとメモリがデータ化されて画面が切り替わり…

431
ロストドライバーが画面上に現れます。スカルメモリが差し込まれて展開すると…

432

画面上におやっさん=スカル!!のイメージ画像が展開!!

433

するとこのように、スカルのアイコン・スカルマグナムが現れます。デスクトップ画像が555なのも何か面白いな。このアイコンに、データのアイコンをドラッグすると…

434
アイコンがおやっさんのシャッポに変わります。データを取り込んだら、このように画像が変わる仕組みです。

436

さらに、こんなアニメーションも。おやっさんのセリフがシブイ。

435

さらにデータをドラッグすると、画面上でロストドライバーのアニメーションが展開します。

437

 すると今度は、おやっさんの立ち姿がアイコンとなります。あとの画像はこの繰り返し。またシャッポに変わり、その後はロストドライバー経由で、スカル(マグナム)の画像に変化します。なお、スカルメモリの容量は2Gです。

 以上、スカルメモリの紹介でした。このスカルメモリはすでに販売を終了しておりますので、今後はオークションなどで値段が高騰していることでしょう。同様に、「タブー&クレイドール」・「アクセル&ウェザー」も。
 この二つはメモリ本体1個(4G)とカバー2つの仕様となっているため、アニメーションは1つだけですが。だったら外見の違うやつでアニメーションされても違和感があるので、容量が小さくても一貫している方がいいや、とも思ってスカルに。これぞハードボイルド必携のアイテム!?
 ちなみにメモリは、プレミアムバンダイ東映ヒーローネットで販売されていました。購入した時は、プレミアムバンダイの方では売り切れていたため、東映ヒーローネットで購入。特典のデコメシールがそれぞれ用意されていたので、東映ヒーローネットの「ふうとクンデコメ」狙いだったから、丁度良かったけど。

|
|

« ハードな奮闘記 | トップページ | 伝説は塗り替えるもの »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

仮面ライダーと名の付くもの」カテゴリの記事

模型レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/36394138

この記事へのトラックバック一覧です: ハードボイルドの真骨頂:

« ハードな奮闘記 | トップページ | 伝説は塗り替えるもの »