« 心に剣 | トップページ | カードバトル激戦区 »

見よ!仮面ライダーストロンガー

Toy S.I.C. VOL.55 仮面ライダーストロンガー&電波人間タックル

販売元:バンダイ
発売日:2010/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ。悪を倒せと俺を呼ぶ。俺は正義の戦士、仮面ライダーストロンガー!!

 の名調子が往年のファンにはおなじみの昆虫最強ライダー、電気人間ストロンガーが、口笛高くやってきました!!仲間にタックルまでご一緒です!!平和な世の中となり、二人で街から街へ向かっていたのか、昭和ライダーとしての登場がだいぶ遅かったようです。とはいえ、今も世の中が平和というわけでもありませんが、今日も戦うストロンガーでした。今回のタイトルは、石ノ森先生が元々主題歌として作詞した(諸事情で使えなかった)、挿入歌のタイトルです。なお、これと同時に同じカブトムシモチーフの最強ライダー・カブトも再販されるみたいです。この時期は「極魂」のブレイド・キングフォームも出るし、どういうわけかカブト虫づいているな。以降は続きで。

 商品についてはまだ詳しくはわかっておりませんので、「HERO SAGA 電王編」に出てきた作例のことを解説いたします。作例では胸のカブテクターが透明に作られており、胸の真ん中の大きな「S」の文字が、内部メカが「透けている」表現がなされておりました。多分配線とか発電機のダイナモとか、そういった装置のパーツという解釈かと思われます。それにしても透明パーツ好きだな、原型師の安藤賢治。強度がさほど無いから、できれば控えて欲しいんだけど。
 しかし一緒にタックルまで出るというのはさらに驚きました。確かにストロンガー!!タックル!!という掛け声があるくらいですから、二人はひとつの名コンビなのですが、玩具で女性素体はまず売れません。なのに一緒にあることがビックリです。全身電ショックを受けました。これは昭和のイメージ(ミニスカにいわゆる生足)か、平成のイメージ(ミニスカニーソ)か、興味深いですが、これはサンプルを見てから。こうなると、他の女性戦士の登場も期待したいな。

 あと、値段が5,775円と割高ではありますが、この値段ならあの「チャージアップ!!」のパーツが付属することを期待したい。表現としては、胸に怒りの!?電流がほとばしって、電流の表現として乱反射している感じを想像します。でも怒りの電流は別のヒーローものだ。他には、クラッシャーの開閉もやって欲しいところ。

 ちなみに、デザイン集を読んで驚いたこぼれ話。カブトのフェイスデザインは、どうやら石ノ森先生が生前デザインされた、ストロンガーのデザイン没案を使ったもののようです。ストロンガーは語源の「より強い」イメージを前面に押し出してあのデザインになりましたが、「スマートな強さ」を押し出した感じにするため、そのデザインを持ってきたかったのでしょう。他にチャージアップ案として、「頭の角が展開」という演出も考えられていました。これは、アギトの「必殺技の際、頭のグランドホーンが展開する」に使われました。現在のデザインワークに生かされている、様々なデザイン案がこのストロンガーで考えられていたというのも、「ストロンガーが最強」という由縁なのかもかも知れません。

|
|

« 心に剣 | トップページ | カードバトル激戦区 »

仮面ライダーと名の付くもの」カテゴリの記事

広告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290053/34631264

この記事へのトラックバック一覧です: 見よ!仮面ライダーストロンガー:

« 心に剣 | トップページ | カードバトル激戦区 »