« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

千の目先生(本作の原題)

好き!すき!!魔女先生VOL1 [DVD] DVD 好き!すき!!魔女先生VOL1 [DVD]

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2008/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 実際にはすでに発売している、「好き!すき!魔女先生」のDVDをご紹介。東映特撮BBで配信していたものを見ましたので、少々書いてみたい。何よりも今日は、その魔女先生の命日ですから…。

 変身ヒーローブームの一歩手前の時期、昭和46年10月(仮面ライダー放映開始から半年後)から始まった、石ノ森章太郎原作の変身?ヒロインものです。「仮面ライダー」で得た特撮の功績を基盤に、いわゆる「魔女っ子」を実写でやろうとしたのが、本作のコンセプトかと思われます。しかし実際に見てみると、特に当時は男女の差がはっきりしていたためか、「特撮番組は男の子のもの」という風潮が強かったせいがあったのか、随分と苦戦を強いられた印象がありました。
 「魔女っ子」とはいえ、わりと年齢層を高めに設定していた様子があり、それは特に魔女先生「月ひかる」役、主演の菊容子さんに印象付けられました。ミニスカワンピという、当時としてはハイカラなファッションの女先生という出で立ちは、見ている男の子をドキドキさせたことでしょう。しかも第1話でスリーサイズまで公表しており、大人の階段上る年頃の子供たちをさらに興奮させたことかと。ちなみにそのスリーサイズですが、忘れた。だが、服の上からでもわかるくらいのプロポーションの良さでしたので、今の感覚で見ても相当なスタイルの持ち主でした。最初に月先生、ロングヘアーだったのがたちまちショートカットに(カツラだった)。髪が燃えてしまうのを避けるためというのはありそうですが、アクション性を高めるためかと思われます。時々怪人も出てきたし、ヒロイン性が若干ながら下がってしまいました…。ショートカットは(ロングよりも)好きなのですが、あまりにもカツラですから。
 もうひとつ印象的だったのが、その月先生にモーションをかけようとするちょっと間抜けな新米教師?旗野先生の役が森本レオ!!若い頃にこんな仕事をやっていたとは!!その森本レオ扮する旗野先生ですが、昔はよくいた熱血教師でした(今はPTAとかの影響もあってか、絶滅危惧種)。愛称も「バットマン(野球部出身でバットを振り回していたので。目的はともかく)」という、なんともわかりやすい。この方のわりと良い顔の男の、コミカルな演技は、なかなか作品を面白おかしく引っ掻き廻してくれたかと思います。これが、これまでの氏の功績に貢献しているのですね。そして現在の地位を築いたのか。

 物語としては、アンドロメダの監視員であり王女の月ひかる先生が、地球人を調査していきながら、いろいろな騒動を起こしたりしてしまうという、いかにもファミリー路線のお話。行動的な性格で、時々規則に抵触するような行動を取られるため、お供のウサギ「バル」にいちいち説教されているのですが、後半から変身ヒーロー路線になってしまったという、ちょっと残念な作品です。そもそもバルも、元々「地球人は野蛮な種族」とか言って毛嫌いしていたのに、後半から規則を破って子供好きをアピールしたのはどういうこと??もっとも、昔のことですし、嫌われ役のバルに、マスコットとしての愛嬌を持たせようとしたのでしょう。後半においては続きで。

続きを読む "千の目先生(本作の原題)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

がんばれウルトラマン80

DVD ウルトラマン80 DVD30周年メモリアルBOX II激闘!ウルトラマン80編 (初回限定生産)

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010/09/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今回はこちらをご紹介。昭和最後のTVウルトラシリーズ「ウルトラマン80(エイティ)」が、ついにDVD-BOXで赴任…いやいや、登場します!!折しも今年は番組から30周年の節目、上手い具合の登場と相成りました!!最近の「ウルトラマンメビウス」でも姿を見せてくれたので、ご存じの方も増えていることでしょう。もっとも、レンタルビデオでも見られたのですが、この作品はどういうわけか、雑誌での紹介も乏しく、再放送の機会にも恵まれなかったものですから、長年幻とされつつあった作品です。

 こちらでご紹介しているのは、後半にあたるBOX-Ⅱ。特長としては、防衛隊員としての側面が強調されてきた(詳しくは続きで)、矢的猛=ウルトラマン80の活躍が描かれています。この頃は特撮の技術も向上しており、映像においてもうまく作られております。80のデザインもシャープな印象があります(個人的に)。とはいえ、成田亨さんのデザインコンセプトに反していることには変わりありませんが。後半では、前半にも強く描かれた、人間の負の側面が、様々な形で描かれつつも、特撮作品としての質の高さも感じられます。

 後半の最大の見どころは、まず「バルタン星人やレッドキングなどの歴代怪獣や、敵ながらのウルトラセブン登場」。さらに「女ウルトラマン(にあたる王女)ユリアンの登場」。代わりに女性隊員が殉職してしまわれます…。この人物像についても後ほど。ちなみに、幽霊船のお話の際に、ゲストとしてガッツ石松が登場したりしています。

続きを読む "がんばれウルトラマン80"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

宇宙船からバイク・電車まで

宇宙船vol.128 (ホビージャパンMOOK)

買ったきっかけ:
 特撮が好きですので、その情報を楽しみにしております。特に今回は、「W」の最強フォームの特写と、映画「超・電王トリロジー」の新着情報が、情報としての見どころ。他にもさまざまな特撮作品の情報もあり、日本の映像作品の可能性がこの一冊に!!

感想:
 「超・電王トリロジー」情報で、初めて「ディエンド コンプリートフォーム」が見られる!!さらに「W サイクロンジョーカーエクストリーム」の細部にまで迫った特写もあり!!日本の造型技術の隋をご覧あれ!!
 そして春季号恒例の「宇宙船 YEAR BOOK 2009」では、怪人のデザイン画も見られる!!

おすすめポイント:
 最新作の情報ももちろんのこと、昨年の特撮ヒーロー総括の「宇宙船 YEAR BOOK 2009」は、作品のおさらいにも最適!!
 さらにはDVD-BOX発売に併せて、「ウルトラマン80」の特集に、「特撮リボルテック GR-2」誌上通販も!個人的には、小田井涼平の模型ページが、模型改造の資料としてもオススメ。

宇宙船vol.128 (ホビージャパンMOOK)

宇宙船vol.128 (ホビージャパンMOOK)

続きを読む "宇宙船からバイク・電車まで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

武神輝羅鋼

SDガンダム BB戦士 武威凰大将軍 ~輝羅鋼極彩~ (163) (BB戦士)

 最近SDガンダムづいておりますわたくし。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。そんなわけで、今回はこちらをご紹介。

 SDガンダムのプラモといえば、今やBB戦士だけとなりましたが、そもそもBBというのが、元々はBB弾だったことをすでに忘れ去られている頃だろうけど、実際には別の意味もあったとか。それはさておいてこの「武威凰(ブイオウ)大将軍」、出た当初は「輝羅鋼(キラハガネ)」という成形技術を駆使して作られていたのですが、再販にあたってその技術が別の起こし方「輝羅鋼極彩」を施されて発売されることに。当時(1996年)でもしっかりと宣伝されていたのですが、その技術もすでに失われてしまい、そのため再販がこれまで見送られていた商品が、ようやく再販となりました。販売に至っての残念な気持はありますが、再販されることが一番ありがたいです。

 この「輝羅鋼」搭載の商品は、上記の他に
超機動大将軍
天零頑駄無
輝神大将軍獅龍凰
豪剣頑駄無
があります。

続きを読む "武神輝羅鋼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仮面龍騎士 from ジャパン

KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT BOX VOL.1 [DVD] DVD KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT BOX VOL.1 [DVD]

販売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2010/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 かの「仮面ライダー龍騎」を、海外ドラマの要素を付加して作り上げた、東映お得意?の「戦闘シーンのバンク流用で、物語を創る」を久々に実践した海外逆輸入作品、「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」が、日本でもDVD登場だ!!…BOXですけど。タイトルを上記のとおりにしたのは、海外の書き込み記事と混同されないようにするためです。あくまでfrom ジャパンですから。あと「ドラゴンナイト」といっても、往年の美少女RPGではありません(いつの話だいつの)。

 日本とは違う、海外の方の大雑把な解説を。
 主人公・キット=テイラーは、18歳の誕生日を迎えた日に行方不明の父・フランク=テイラーの鏡像に、「家に帰りカードデッキを手に、ドラゴンを探せ」と呼びかけられる。カードデッキを手にした時から、鏡から現れる怪物が見えて襲われるようになり、マヤ=ヤングという女性記者を助けた時に、レンという男に手荒い助けを受ける。
 レンこそ、鏡の世界「ベンタラ」からやってきた「KAMEN RIDER」であり、ベンタラを征服した宇宙人・ゼイビアックス将軍を追ってきた仮面の男であった。ゼイビアックスは、ベンタラから奪ったアドベントカードを現実世界(こう表現する)にばら撒き、その世界の人間にカードデッキの力を使わせ、現実世界も支配しようとしていた。そしてこん睡状態の父親と再会したキットは、ドラゴンの力を身につけ、「ドラゴンナイト」としてゼイビアックスとの戦いに身を投じていく…。

続きを読む "仮面龍騎士 from ジャパン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンダイコレクション

 最近、携帯アプリを始めました。ここより下、転載防止のため、画像を加工してご紹介いたします。

Photo_3

バンダイの携帯サイト「バンダイコレクション」です。まずはTOP(現在のもの)。最大の目的は、携帯ゲームの「ナイトガンダム物語」だったのですが、それはまた改めてご紹介。

 もうひとつの目的が、こちら。

Photo_4

反転させてますが、ファイズフォンです。一応注釈しておきますが、これは携帯アプリですので、待ち受けにはなりません。コード入力で、音声ガイダンスを聞くことが出来ます。どこまで再現されるかわかりませんが、色々と試してみたい。もう一つ、こんな機能も。

Photo_5

ファイズアクセル。カウンター機能があるそうですが、私は使うことが少ないので、持て余している。

 最後になりましたが、忠告。これらは携帯アプリですので、通信料やパケット料金が別にかかります。あと、月額課金制(というのか??)ですので、それによりポイントを購入する制度となっています。毎月月会費を払う形式でポイントを購入するというカタチです。それで商品となるアプリを購入して楽しむサイトです。ポイントが足りない時は、別に購入できますが、ポイントやパケットのサービスを上手く考えないと、携帯代がバカになりません。つまり、月会費と通信料とパケット料金を、毎月払うこととなります。詳しいことは、サイトにアクセスしていただき、料金制度の欄をご覧下さい。楽しむ上では、料金を良く確認して、お楽しみ下さい。私も料金照会を見ながらやっていますが、全ての概算が上手くいかない状態が続いています。何しろ初めてですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

けしからん4月バカ

4月1日、ワタヌキです。

Photo_26

それは綿じゃなくて紙でしょ。

Photo_27

それは嘘でしょ!?

Photo_28

それって…

Photo_29

懐かしいの知ってるな。

Photo_30

一緒に変なモン見たわけじゃないでしょうね?

Photo_31

何でこのタイミングでその話題!?ルイーダの酒場じゃないのか!?それともコミュキャラの箱に戻ったの!?

Photo_32

急になんだ!?とりあえず下。

Photo_33

何なんだ!?マジで今日はけしからんな。

Photo_34

それはマジでけしからんな。

Photo_35

また急に、とってもご機嫌斜めだわ。

Photo_38

やるな北風。GJ!!

Photo_36

それもあまりよろしいことでは無いな。スミマセン。

Photo_37十分絶好調だと思うが。

Photo_40

まさしくドナルドマジック!!

382

 ショッピングモールでこんなレギンスを見つけた。足のところにしわを作っていたみたいですが、こういうデザインでしょうか。最近は色々あるなぁ。Photo_39

そういう想像はするな。俺個人としては、実用性が思いつかない。ファッションはファッションでいいんだが、そういう趣味は無いぞ。Photo_41

 そういうものかも知れないな。でもどのように診断されるんだろ。

Photo_42

ひとまずそうさせてもらおう。

Photo_43

 やらんっての。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »